ケーススタディAさんケーススタディAさん

個人再生ケーススタディ Aさんのケース

Aさんの場合( 一般的サラリーマン、自宅を残す、退職金保険の維持 )

名前 Aさん 40代男性・大阪在住
職業・年収 IT会社の営業課長 年収600万円
家族構成 妻(39)、長男(10)次男(8)
住まい 分譲マンション(ローン残高2700万円・時価 ? )

Aさんの相談

「私たち家族は旅行、外食が好きで、クレジットカードを頻繁に使い、貯金をほとんどしていませんでした。昨年、会社の業績悪化から残業禁止となり、手当が10万円近く減少して手取り月収32万円になりました。毎月の返済に困り、借り先を増やして債務は計800万円までふくれあがってしまいました。 今年からは妻もパートに出て月収4万円を稼ぐようになりましたが、状況はそれほど変わりません。」

弁護士の解説

Aさんは収入が比較的高い方ですが、800万円の債務を現在の収入で完済するのは現在の状況では難しそうです。 個人再生手続きを利用すれば、下記のとおり、債務を5分の1(800/5=160万円)に減らしたうえで、自宅を残せる可能性があります。もっとも、個人再生手続きを完了するためには詳細な財産調査を行い、一部免除さえ受ければ返済ができることを十分に確認しておく必要があります。調査・検討するべき内容は再生申立する方々のおかれた状況によってそれぞれ異なります。 Aさんの再生申立において検討した事柄は、以下の「具体的検討」でごらん下さい。

弁護士の解説

具体的な検討

事例一覧へ戻る
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ