財産~退職(見込)金~ 1/2財産~退職(見込)金~ 1/2

財産~退職(見込)金~ 1/2

財産~退職(見込)金~ 1/2

弁護士の西野です。今回は退職(見込)金の財産評価について説明いたします。

会社に一定以上(5年以上)勤務し、退職金の支払いが見込まれる方は、将来受け取るはずの退職金につき、その現在価値を財産目録に計上することを求められます。

「退職金がもらえるのかどうか知らない」という方は、会社の就業規則や退職金の規定を確認していただきます(10人以上の事業場では、就業規則が作成されています。)。

退職見込額については、会社から証明書を出してもらい、それを裁判所に提出するのが原則です。そして、その評価について、大阪地裁では、申立時に仮に自主退職した場合の退職金見込額の8分の1が手持ちの資産として再生手続上、評価されます。

退職見込額は、勤続20年など一定以上の方には相応の金額が見込まれ、たとえ8分の1としても、100万円以上の資産額とみなされれば、再生手続き上支払う金額がこれによって増加することがあります清算価値保障の原則)。

 

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ