差押えの対象となる財産差押えの対象となる財産

差押えの対象となる財産

差押えの対象となる財産

弁護士の西野です。今回は、税金や年金保険料の滞納によってうける差押え(滞納処分といいます)について説明します。

 

差押えの例で最も多いのは預金口座の差押えと自宅の差押えです。

特に、自宅に差押えが入ったままだと、住宅ローン特約付き個人再生が使えなくなるので対処が必要です。

 

その他にあった差押えの例は、保険契約(解約返戻金)や、珍しいところでは個人事業者の取引先(売掛金)というのもあります。

 

自己破産・個人再生いずれの場合でも、税金等の公租公課は免除されません。そのうえ、税金には高額の延滞金が付きます。個人再生をお考えの方は、できるだけ早く役所等に申出して分割納付等の相談をして完済を目指すべきです。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
個人再生コラム TMG法律事務所

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

TMG法律事務所

ページトップ