携帯電話(端末)の違約金や複数会社への未払い携帯電話(端末)の違約金や複数会社への未払い

携帯電話(端末)の違約金や複数会社への未払い

携帯電話(端末)の違約金や複数会社への未払い

弁護士の伊藤です。携帯電話端末の使用に関する破産・個人再生手続での取り扱いや留意点をご紹介します。

 

破産、再生手続に入るときに、複数の携帯電話会社に債務が残っている方がおられます。申立前に節約のために回線を減らしたけれども、残代金や違約金の支払いができずそのままにしている場合があります。

こ うした債務は、基本的に破産、再生手続で残代金、違約金の減免を受けます。

ただし、未払い金が少額で、払ってしまわないと電話を新たに契約できない場合、弁護士や裁判所と話し合ったうえで支払う場合もあります。

 

なお、端末を割賦購入後、すぐに売却を繰り返しているような場合、換金目的での契約と評価され、破産手続では免責不許可事由に該当することもありますので注意してください。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
個人再生コラム TMG法律事務所

〒530-0041
大阪市北区天神橋1丁目19番8号
MF南森町3ビル 8階

TMG法律事務所

ページトップ