別会社の滞納清算別会社の滞納清算

別会社の滞納清算

別会社の滞納清算

弁護士の伊藤です。前回に引き続き、他社で滞納がある場合の破産・個人再生手続での取り扱いや留意点をご紹介します。

 

不要な電話契約を解約し、通信料を滞納したまま、新たに別の会社に契約を申し込んだ場合、契約を断られることがあります。これは、通信事業者同士が不払い情報を共有しており(TCAという機関があります)新規の申し込みを拒否する場合があるからです。

こういった場合は、①滞納を解消する、②免責を待つ、③TCA非加盟の事業者と契約する、といった方法が考えられます。

 

①滞納を解消する(支払う)

滞納残額が少額の場合は、債務を支払うことで新規契約できる可能性があります。しかし、滞納分を支払うのは偏頗弁済(へんぱべんさい)として裁判所から指摘を受ける危険があります、支払ってしまう前に、弁護士に相談したほうが良いでしょう。

 

②免責決定まで待つ

滞納分について免責決定を受け、通信事業者に連絡すれば、過去の滞納履歴が抹消されます。免責まで新規の契約を待つことができる場合には、この方法が良いでしょう。

 

③TCAに加盟していない通信事業者と契約する

格安でスマホを使える、いわゆるMVNOという事業者の中にはTCAに加盟していない事業者もあります。その事業者と新規契約することで携帯電話を利用できる可能性があります。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
個人再生コラム TMG法律事務所

〒530-0054
大阪市北区南森町2-1-20
南森町エンシンビル401号室

TMG法律事務所

ページトップ