財産~通帳~支払停止前後 1/2財産~通帳~支払停止前後 1/2

財産~通帳~支払停止前後 1/2

財産~通帳~支払停止前後 1/2

TMG法律事務所の伊藤です。

今回と次回の2回にわたり、裁判所が預金の動きに注目する点、申立人が気を付ける点について、解説します。

 

1 個人名・法人名の入出金

個人再生手続を受任したあと、弁護士は債権者に対して受任通知を発送し、返済を一律に中止します。この通知は、債務者がもはや通常どおり債務を返済できないことを外部に示すもので、法律上「支払停止」として扱われます。

 

支払停止後、一部の債務を返済する行動は偏頗弁済と判定され、再生手続では、返済としては有効であるものの、支払額相当の財産を再生申立時にも保持しているものと仮定されます(その理由については別の機会に解説します。)。

 

また、支払停止直前の弁済であっても、事情によっては偏頗弁済と判断される場合もあります。

そのため、裁判所では、支払い停止前後の通帳の履歴により、特定の人物や会社への出金、不自然に高額な出金がないか、入念に確認します。

 

特に個人間の入出金は、緊急の融資や、破産・再生前の親類縁者への優先的な返済を疑われやすいです。

そのため、当事務所でも、支払い停止前後の個人間の入出金に関しては、あらかじめ、申立前に詳細に事情をお聞きすることがあります。

 

2 賭けごとに関する入出金

再生手続き中の遊興費について、賭けごとが原因で債務が増えた方は当然ですが、そうでない場合でも、支払い停止後の賭けごとに対して、裁判所は厳しい態度を示します。

 

支払が困難なため債務整理の相談を弁護士にしたにもかかわらず、賭けごとを継続するというのは、限りある収入を適切に管理する能力が欠けており、個人再生手続に基づく返済を完遂できないからです。

 

 

そのため、JRA、テレボート名目の入出金など賭けごとを行っていることが疑われる事情があれば、詳しくお聞きする必要がありますし、弁護士への依頼後に依頼者が続けていることが発覚すれば、辞任(事件処理の中止)する場合もあります。

 

                                                続く

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ