よくある質問よくある質問

Q.親に借りたお金も再生債権として届けられますか?

Q.親に借りたお金も再生債権として届出できますか?

A.届出できます(根拠資料をご用意ください)

再生手続きでは、借入金、立替金、保証債務などすべての債務を申告して債権者には手続きを告知する必要があります。


親、親戚から借入れしている場合もしっかり申告していただき、他の債権者とともに計画案に従った支払をする必要があります。


もっとも、金銭移動の実態のない債権を届け出ることはできません。親族、友人間の借入れの場合は金銭が移動した記録を確認した上で申立書に記載することになります。具体的には、通帳からの振込み履歴、借入れ日の預金残高の変動、返済(入金)の履歴などです(領収書だけでは不十分です。)。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ