よくある質問よくある質問

Q.再生の限度額

A.一般の債務5000万円以下という要件があります

個人再生が適用されるのは、住宅ローンと担保権付き債権(抵当、所有権留保など)を除いて5000万円までです。
以下の具体例をご覧ください。

 ○住宅ローン残額2500万円、一般の借入額2800万円
 ×一般の借入額2500万円、会社の保証債務3000万円

若干の超過であれば、債務を一部弁済したり、免除してもらったりして5000万円以下に抑えることも考えられます。
しかし、そうした方法が使えない場合、通常の再生手続きを利用するしかありません。
この場合、申立てにかかる費用が高い、住宅が残しづらい、債権者の協力を得る要件が厳しいなどの問題が生じます。
そのほか、個人再生を申立てるのが難しい場合について、参照Q&Aをご確認ください。

参照Q&A 個人再生ができない場合 事業者が個人再生する場合

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ