よくある質問よくある質問

Q.退職金の資産価値は?

A.自己都合退職見込みの8分の1と評価されます

退職金は会社を退職するまで支払われません。退職しないで再生申立てする場合には、その見込額の8分の1だけを資産として計上するという運用がなされています(大阪地裁の場合)。

 

例:1000万円→125万円、3000万円→375万円

 

再生申立ての場合、保有する総資産額よりも多く再生債務を支払う(清算価値保障の原則)の適用がありますので、返済額は上記の計算方法による退職見込金の8分の1、預貯金、車両、保険の解約返戻金等の合計がそれを下回る必要があります。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ