よくある質問よくある質問

Q.保有財産が再生手続きに及ぼす影響

A.再生手続で圧縮して支払う予定額(総額の5分の1〜10分の1程度)よりも、保有する財産の総額の方が大きい場合、財産総額と同じ金額を弁済する必要があります。これを【清算価値保障の原則】といいます。

通常、預貯金や株式が多額になる方はいませんが、生命保険金の解約返戻金や自宅の不動産価値が意外と多く、支払額が想定よりも高くなるケースもあります。支払い予定額の妥当性をチェックするため、裁判所からは、申立人の財産について詳しく調査を求められるのです。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ