よくある質問よくある質問

Q.住宅ローンの巻き戻しとは?

A.長期延滞した住宅ローンを元に戻す制度です

住宅ローンを3ヶ月以上滞納したり、頻繁に滞納して改善が見られない場合、ローン債権者は「期限の利益喪失」を通知して、ローン残額全部の一括請求をします。

 

ローン債権者は滞納した住宅ローンを「保証会社」から滞納額を一括で「代位弁済」してもらい、以後は保証会社が債権者になります。

債権者が補償会社に交代した後は、もう住宅ローンを分割で支払っていくことはできず、通常は自宅を手放すことになります。

 

しかし、個人再生手続きを利用すれば、保証会社に移った債権を元の銀行へ戻すことができます。この制度を利用するためだけに個人再生を利用する場合もあります。

 

ただし、巻き戻しには利用できる期限が設定されていますし、巻き戻し後の住宅ローンはそれまでの利息が上乗せされていたりして支払総額が増えるので、「代位弁済」される前にご相談に来られることを強くおすすめします。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ