よくある質問よくある質問

Q.個人再生のデメリットを教えてください

A.手続き後5〜10年程度、借入れが難しくなります

個人再生手続は、自己破産ではありませんが、一部債務の免除を求める手続です。

そのため、再生手続により申立人の情報が官報に掲載された後、5〜10年程は新規の借入れ、クレジットカードの契約が難しくなります。

 

また、任意整理と違い、友人、勤務先など特定の借入先に黙っておくことができません。すべての債務を裁判所に申告し、全債権者に再生開始の事実を伝える必要があります。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ