家族に渡す生活費の相場~再生申立の家族とお金家族に渡す生活費の相場~再生申立の家族とお金

家族に渡す生活費の相場~再生申立の家族とお金

Q:再生する方は、生活費をいくらくらい渡していますか?

弁護士の吉田浩司です。前回に引き続き、個人再生を申し立てるときに問題になる、家族とお金の話を説明します。

 

第2回は、『再生申立てをする人が支払う生活費はいくらか』についてご説明します。

前回は、再生される場合でも、同居の家族には生活費を支払ってよいことをお伝えしました。

今回は、実際に、当事務所で再生申立される方が、家族にいくら生活費を払っているのかをお伝えします。

 

あくまでも当事務所で確認する限りですが、親御さんの実家に暮らす単身の方は、3~6万円くらいです。

 

他方、妻(配偶者)、子と暮らす30~50代の世帯主の場合は、住居費、光熱費その他の定期支払を除いて、計6万円~10万円くらいを配偶者に渡しています。

これらは、食費、日用品購入、医療費などに充てられます。

 

当事務所に再生を依頼される方の月収は、20万円前後から50万円程度、家族構成も、共働き、お子さんの人数、年齢など様々ですから、家族に応じて必要になる生活費も様々です。

 

なお、生活費のかけすぎが債務原因になっているケースは意外と多いです。

 

このような場合は、当事務所が定期的に家計状況をチェックして、無駄な支出を減らしてもらいます。

 

ただし、家計の一切を奥様に任せていて管理しておらず、しかも再生することをくわしく説明していない方は要注意です。

 

このようなケースでは、家族に協力してもらえず、うまく生活費を節約できず、積立てに苦労してしまいます

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ