海外からの再生申立~あまり知られていない個人再生の仕組み2海外からの再生申立~あまり知られていない個人再生の仕組み2

海外からの再生申立~あまり知られていない個人再生の仕組み2

Q 1年前に海外に移り住みましたが、日本に債務が残っています。個人再生を申し立てることはできますか?

弁護士の伊藤です。

 

全3回に分けて、個人再生の仕組みや手続きのうち、専門家にもあまり知られていない/利用されない知識を説明します。

 

第2回は、海外からの再生申立について説明いたします。

 

個人再生手続は住所地を管轄する裁判所に申し立てます。

しかし、外国に住んでいるため日本に住所がない場合でも、日本の裁判所に申し立てが出来る場合があります

 

また、度々帰国していたなどの事情がある場合は、帰国した際に生活する実家などを居所として、居所を管轄する裁判所へ申立てることもできる場合があります。

 

このように、事情があって日本に戻ることができないし、予定通りの返済ができない場合でも、海外から再生の申立てを行うことができる場合があるので、日本に残した債務の対応に困っている方はご相談ください。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ