再生計画について~再生計画1再生計画について~再生計画1

再生計画について~再生計画1

Q 再生計画による支払とはどういうものですか

弁護士の吉田です。個人再生では、裁判所を介して債権者に対し「再生計画案」を提示して債務の減免を認めてもらいます。このとき、再生計画案には総額をいつ、いくら支払うのか記載します。

 

今回から全8回に分けて再生計画にしたがった支払について解説します。

第1回は、再生計画の大まかな仕組みを説明します。

 

個人再生手続きによる返済では、法律で認められた最低額を超える金額を3年から5年以内に支払います。

 

支払額や方法は、再生計画案として裁判所と債権者に送付し、異議や指摘事項がないかを確認します。

小規模個人再生の場合、協力したくない債権者は不同意の意見を出すことができます。

 

再生計画で定める支払額や方法には細かなルールがあり、法律で決められているものと、各裁判所の判断で認められているものがあります。

 

次回からは、再生手続きを利用される方にとって重要な再生計画のルールをご紹介していきます。

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ