よくある質問よくある質問

Q.保証人の付いた借入れはどうなりますか?

A.保証人に一括請求が行くことがあります。

依頼者が、親族や友人から、建物の賃貸借の保証、ショッピングローンの保証、住宅ローンの保証をしてもらっている場合があります。

 

この場合、保証人にも再生手続きに入っていることを告知するため、裁判所の申立書類に記載します。
賃貸借や住宅ローンなど、再生の前後で申立人の支払状況が変わらない場合には、保証人に債権者からの請求が行くことは通常ありません。

 

しかし、ショッピングローン等の債務を支払停止した上で再生を申立てた場合、主債務は支払不能と判断され、保証人に対して、債権者から請求が行くことになります。


この場合、事前に保証人に説明しておく必要があります。また、再生を申立てる方と保証人との関係から、保証人が債権者に支払う金額を、再生を申し立てる方が(一部)援助するなどの対応をすることがあります。

参照Q&A Q.親の事業資金を保証した債務は(自分が保証している場合)

借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ
借金問題のご相談なら個人再生サポート
無料相談予約・お問い合わせ

ページトップ