手続き全般について

資料の保管期間―和歌山の基準11

裁判所での資料の保存期間

12回にわたり、個人再生における大阪と和歌山の違いを説明します。

 

裁判所での事件記録は、「事件記録等保存規程」の中で、事件の分類や保存期間について定められています。(内規のため、一般的に公開されているものではありません。)

【和歌山の場合】

再生関係の裁判資料は、認可決定確定後5年保存され、その後廃棄されると明記されています。

 

他の裁判所も同じと思われますが、明記されているのは和歌山地裁だけです。

再生の決定を受けた記録は、事件が終了すれば、依頼した弁護士からご本人に返還されます。

うっかり失くしてしまう方もおられるのですが、そうした書類は5年経てば裁判所でも探せなくなってしまうので、注意が必要です。

 

※ このコラムは、記事作成時点での法令、各地の裁判所の運用に基づいています。実際に再生申立てを行う方は、担当弁護士や裁判所に確認したうえでご判断ください。

監修者情報

弁護士

吉田浩司(よしだこうじ)

専門分野:債務整理事件(任意整理・個人再生・自己破産など)

2004年(旧)司法試験合格 2006年弁護士登録、2010年8月にTMG法律事務所開業。任意整理、個人再生、自己破産等の債務整理事件に数多く取り組んでいる。特に個人再生の取扱が多い。