家計について

現金支出の管理(その1)―家計管理のコツ9

スマホアプリを活用する方法も

前回まで、家計管理のコツとして、口座やカードの利用履歴を確認して整理し、固定費を見直しすることの大切さをご説明しました。

しかし、家計の支出には、通帳やカード利用明細以外にも、日々の食費や交通費など、現金で支払うものが必ずあります。
現金支出の記録がない限り、毎月の支出にどれだけの無駄があるかを突き止めることはできません。

今回と次回で、いかにして現金支出を管理するかをご説明いたします。

家計状況を正確に管理するためには、きちんと支出を記録することが大切です。

昔ながらの方法は、領収証や支払の書類(振込控、出金伝票)を残し、ノートに貼り付けて家計簿を作成することです。
しかし、もともとこういう作業が好きな人や、記帳、経理を仕事にしている人以外は、なかなか継続できないでしょう。

最近は、スマホのアプリで、手軽に支払いを記録できるものがあります。

レシートを撮影するだけで金額や項目が記録されるものや、支出項目をあらかじめ設定していれば簡単な操作で入力でき、食費・交通費といった項目ごとの合計や月次の推移、予算を設定できるものもあります。

こういった便利な道具を使って管理するのも一つの方法です。

(つづく)

 

監修者情報

弁護士

吉田浩司(よしだこうじ)

専門分野:債務整理事件(任意整理・個人再生・自己破産など)

2004年(旧)司法試験合格 2006年弁護士登録、2010年8月にTMG法律事務所開業。任意整理、個人再生、自己破産等の債務整理事件に数多く取り組んでいる。特に個人再生の取扱が多い。